活動日誌

2013年5月11日

連休は花も食も会話も満開

事務局をリホームし何とか荷も入りイーパーツからのリユースパソコンも接続
友から届いた美味しいお米・残雪の山で採れた朝届いた山菜・お持たせ筍ご飯
食卓いっぱいのご馳走が並びました!有難うこれからもどうぞよろしゅうに!

2011年3月7日

研修後の質問2 「種飛ばし」は何の機能を‥  (介護士さんから)

2) 「種飛ばし」は何の機能をみているのですか?(介護士)

楽しみながら仲と競争心をちょっぴりだして
「食べる」機能を養うゲームの一つですねぇ

実習ではラムネ菓子の代用で飛ばしました! 遠くへ飛ばせたのかな?
足元にポトリ 1m先? 2m先? よく飛ばす方なら 5m先? 10m先?

飛ばす時のお口の機能を思い出してみてください!

唇・舌・頬・顎・呼吸などの協調運動で、食べるために必要な機能です
ラムネ菓子を舌の上に置き、口元は「ウ」の口で、呼吸を勢いよく吐く。
お口をすぼめ、開口し、舌を丸め、頬を膨らませ、一気に呼吸を吐く

「最後まで口から食べる」お口の機能を 日頃から養うこころがけを!

2011年3月4日

研修後の質問1)「あ~」と発声したのは‥ (介護士さんから)

1)「あ~」と発声したのは何の機能をみているのですか? (介護士さんから)

発声持続時間を確認しています

「食べること」は呼吸と大きなつながりがありましたよね

「美味しく楽しく安全に」 口を閉じながら鼻呼吸して
モグモグパクパクよく噛んで食べるためには
20秒~25秒以上は確保したいですねぇ

10秒以下に落ちてくると鼻呼吸もしにくく
食べてる間にも呼吸が乱れ
「安全に安定して食べる」ことが難しくなります

ついつい噛まずに早食いや流し込みになりやすくなり
飲み込む時の協調が悪くてムセ食べることに影響がでてきます

研修では「食べるときの呼吸」確認しましたよね
ゴックンの後の呼吸は、しっかり吐けることが安全につながる でしたね。
息が短いと上手に吐けなくて吸ってしまって‥むせてしまう!
呼吸が短い・食べるときの呼吸が安定しない・協調性が悪くムセやすくなりる
と誤嚥の心配がでてきます

元気なうちから「深い呼吸をしっかりしましょう 」
という口元気塾の「健口体操」の第一番にありましたね
日頃から深呼吸できるように 深く・長い息を心がけましょう!

2010年7月23日

ミキサー食の見た目の工夫は?  

*嚥下の悪い方へミキサー食やとろみをつける食事は見た目が悪いですが、
よい工夫はないですか? と言うご質問です

色々なものを全部まとめてミキサーすると色が悪くなります。ポタージュスープや
単品ごとに料理するなどの工夫をすると見た目がきれいです。カラーピーマン、
人参、ほうれん草など色鮮やかな野菜のピューレを飾りにしてあげるのも良いですね。

7月9日研修会の質問に 講師のS管理栄養士さんからの回答です

2010年7月23日

食が細い(量が入らない)少しでも食べてもらえる工夫は?

栄養のあるものから食べてもらいましょう。補助食品など栄養価の高い
プリン、ゼリー、アイスや流動食を利用するのも1つです。
少しずつ栄養が満たされていくと、体力もつき、食事量もアップしていく
場合があります。冷やしそうめん、卵豆腐など冷たく食べやすいものを
取り入れるなど、あせらずその方の嗜好に配慮し、食べたい物を提供して
あげましょう。少しのきっかけも見逃さないで・・・。なかなか難しいですが。

7月9日研修会の質問から 講師のS管理栄養士さんからの回答です

Page 1 of 3123