2010年12月13日

まっすぐな道はさみしい

冬到来 しぐれに誘われ 秋残る哲学の道 濡れ落ち葉も無く 誰もいない道
「病」 という風に吹かれ 落ち行く落ち葉を 「ただただ見守るだけは辛い」と
そうだよね 何も手を貸せない助けられない してあげられないは辛かったねぇ
ほんのひと時 「口から食べられる」から してあげられるとよろこんでいた貴女
哀しく辛い時は思いっきり声をだして泣いてもいいんだよ いつでもこの胸にね

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment