2011年3月31日

命拾い 百万遍の学生さんに感謝!

この震災で命拾いした認知症の方が 避難所の体育館から雪の中徘徊2時間
雪の中行き倒れで発見された 哀しく言葉がない 心よりお悔み申し上げます
家族介護で身につまされます 3月ショートステイ中雪のちらつく晩に帰宅
寝巻き姿で30分肩に雪を積もらせ 学生さんにタクシーを拾ってもらったとか‥
命拾いしました 肺炎で入院中ですが快方に向かってます 学生さんありがとう!
東北の方々に 心地よい春風がはやく吹きますように 陽だまりができますように

Comments

我が家は、4月から24時間在宅介護に戻りました。父の赴任地・茨城県も少なからず被災されました。
せっかくの父との在宅介護生活を生かすには、認知症と診断された本人と家族介護者が、かつての赴任地を慰問して回る旅路は、はたして無謀か有意義かを父と話し合っています。お陰様で、父と話し合えて・話し合う事が叶っています。
我らが身・境遇を逆に生かす千載一遇の機会かも知れません‥

2011年4月14日 8:54 PM  |  紫野在 池田です

介護生活で与えられる親子の密な時間をどうぞ堪能して下さいませ
介護される幸せ以上に介護する者の幸せを与えられる日々があり
人生の大きな財産になることでしょう 無理しないぼちぼち介護でね

2011年4月18日 10:53 AM  |  Midori

Add Comment