2011年4月29日

ほっこり夕陽(高速バスの休憩)

友人の車に便乗させてもらって中国道米子道を通って鳥取に入る
お山の家で一服して下山 友人の待つ海辺の家まで足を伸ばす
玄関ベルを何度も鳴らしてやっと出て来てくれた杖姿の顎鬚の友人
杖があるけど立っていた!話す言葉も方言以外は良く聞き取れる!
あぁ~良かった!良かった!生きててくれて!ほんとうれしかった!
病んで独居は寂しいし辛いし笑えないし落ち込んでたんだねぇ‥
甘えベタやからつっぱり頑張りその上人を寄せ付けないのやなぁ
これからは少し回りに甘えてね ゆっくりぼちぼち一緒に生きようね
桜の一年の始めリは若葉の山萌える季節 お陽様の温かな風受けて

Comments

「甘えベタやから、つっぱり頑張り‥」と知己さんとの再会が叶ってなによりです。
私は、おっちょこちょいで「知己さん」の字を誤って「知古さん」と書き続けていました。
はたして、私が病を得た時に、何はさておき訪ねてくださる「知己さん」はいないだろうなぁ~
我が事ばかり書き綴りました。すみません。

京都北山通そうクリニックの介護職の方の発言・助言です。
「是非、甘え上手になって下さいね。」寄り添うのは私達・志あるスタッフです。
胸熱くなり、励まされます。京都ひとまち交流館での、お出会いの介護職さんのお言葉を引用いたしました。

2011年5月31日 11:06 PM  |  紫野在住 池田です

そうなんですねぇ 「甘え上手になる」ってお世話をして来た人ほど
ほんとに難しいことなんですね でも心は入れ替えられますから‥
昨日1ヶ月ぶりに仕事の帰りちょっと遠回りして見舞ってきました
心が動けば体も動く まだまだとは言いながら家の中の散歩リハから
数弦先のお店やさんまで ジャワーから入浴を取り入れながら
ぼちぼち心身が回復に向かっていました ありがたいことです
池田さん助けがほしいときは発信してくださいね 飛びますよ~!

2011年6月2日 3:07 PM  |  Midori

Add Comment