2011年3月4日

研修後の質問1)「あ~」と発声したのは‥ (介護士さんから)

1)「あ~」と発声したのは何の機能をみているのですか? (介護士さんから)

発声持続時間を確認しています

「食べること」は呼吸と大きなつながりがありましたよね

「美味しく楽しく安全に」 口を閉じながら鼻呼吸して
モグモグパクパクよく噛んで食べるためには
20秒~25秒以上は確保したいですねぇ

10秒以下に落ちてくると鼻呼吸もしにくく
食べてる間にも呼吸が乱れ
「安全に安定して食べる」ことが難しくなります

ついつい噛まずに早食いや流し込みになりやすくなり
飲み込む時の協調が悪くてムセ食べることに影響がでてきます

研修では「食べるときの呼吸」確認しましたよね
ゴックンの後の呼吸は、しっかり吐けることが安全につながる でしたね。
息が短いと上手に吐けなくて吸ってしまって‥むせてしまう!
呼吸が短い・食べるときの呼吸が安定しない・協調性が悪くムセやすくなりる
と誤嚥の心配がでてきます

元気なうちから「深い呼吸をしっかりしましょう 」
という口元気塾の「健口体操」の第一番にありましたね
日頃から深呼吸できるように 深く・長い息を心がけましょう!

Comments

コメントはまだありません。

Add Comment